ISMS基本方針

ホーム > ISMS基本方針

ISMSマーク 株式会社西日本新聞印刷(以下、「当社」)は、総合印刷事業を通じて社会に貢献するため、日々、活動しています。当社の吉塚本社と天神営業部においては、事業活動の維持・拡大を図るための重要な経営課題として、情報活用の有用性を促進するとともに、地域社会や顧客から揺るぎない信頼を得るため、顧客情報を含むすべての情報資産の重要性を認識し、必要な情報セキュリティマネジメントシステムを確立します。これにより、法令順守を基本とした企業倫理のさらなる向上と、情報化社会における安全性・信頼性の確保に努めます。

1.情報セキュリティ管理体制

 情報セキュリティに関する役割と責任を定めるとともに、情報セキュリティマネジメントシステムに関する規程を定め、これを組織的に管理運用する体制を確立します。

2.資産の保護

 事業活動の中で取り扱う個人情報を含めた各種情報資産を保護するため、リスクの評価基準を確立し、機密性・完全性・可用性の視点から資産の重要性とそのリスクを分析・評価し、それに基づいた適切な管理策を実施して情報セキュリティの向上を行い資産の保護に努めます。

3.法令・規範の順守

 事業上及び法令又は規制の要求事項、並びに契約上のセキュリティ義務を特定しこれを順守します。

4.教育・訓練の実施

 全ての役員・従業員及び関係者に対して、情報セキュリティの重要性を認識させるとともに、内部規程の周知徹底のための適切な教育・訓練を実施します。

5.継続的改善

 情報セキュリティの順守状況を定期的に監査し、情報セキュリティの確保に努めるとともに、当社の「情報セキュリティマネジメントシステム」の継続的な改善を行います。

2009年9月15日制定
2016年1月29日改定

株式会社西日本新聞印刷      
    代表取締役社長 髙橋慶明

このページの一番上へ