ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

okawa_design_vol.1

全国から賞賛を集めた大川家具独自の高いデザイン性。全盛期の榎津指物タンス大流行した引き手なしタンス書院欄間 高砂(明治中期 作/黒田多吉)デザイナー河内諒柳川神棚大川総桐タンス大川組子大川の木工製品が有名になれないのにはデザイン面での工夫が足りないからでした。大川の名を一躍高めたのは、デザイナーの河内諒でした。元熊本工業試験場長の河内諒は、職人たちに新しいデザインについて指導しました。1953年には、大阪で開かれた「筑後物産展』に新しいデザインの大川家具を出品。高い評価を受け京都や大阪との取引が始まりました。1955年大阪で開かれた西日本物産展で、河内諒自身がデザインし、光木工が制作した金具なし、引き手なし、チーク材ラッカー仕上げの和箪笥が、最高賞を受賞。洗練されたデザインで日本中の人気を集めました。同年、東京の白木屋デパートで開かれた「第1回全国優良家具展」に大川から5品目の家具を出展、見事入賞し、デザイン性の高さを全国に示すことができました。これをきっかけに、大川家具は近代的なセンスにあふれた「大川調」の家具として一躍有名になり、全国各地より注文が相次ぎ、販路を拡大していきました。昭和30年代に入ると機械化が進み、多くの家具を短時間で作ることができるようになりました。それまで天日に頼っていた木材の乾燥も機械で行ったり、木工道具から機械へ変わり万能機から専用機へと生産体制が整ってきました。 しかしこれまでの小さな工場では機械化に対応しきれないことから1967年11月に大川家具工業団地がつくられ、その後大川建具工業団地、大川家具木室団地、大川製材団地もつくられ工場の集団化が進められました。現在では、伝統を受け継ぎながら現代のライフスタイルに合った商品開発に取り組んでいます。そのひとつが、大川の異業種の職人やデザイナーとコラボレーションして誕生したオリジナルブランド「SAJICA(サジカ)」です。 このほか、加齢により身体機能の変化に対応し、自立をサポートする福祉家具の開発など、人に、環境に優しい快適なインテリア空間の創造に取り組んでいます。このようにして、大川市は、日本一の家具のまち、そして住空間を創造するインテリアのまちへと発展し続けています。