ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

okawa_design_vol.1

九銘ハウジング 株式会社TOP VOICE山で育った私は、とにかく木が大好きで、10代のころから家具の仕事に携わっています。府中家具で知られる広島の出身ですが、縁あって37歳の時から大川で暮らしています。国産銘木の魅力を、一人でも多くの人に知ってほしいですね。日本伝統工芸士による熟練の技で、年輪を刻んだ銘木を、味わい深い家具に。屋久杉をはじめ、国内産の銘木を使った家具や一枚板をつくり続けて半世紀になるという佐藤社長。自ら産地に足を運んで丸太を買い付け、5年の歳月をかけて乾燥させ、6人の職人たちが熟練の技で味わい深い家具をつくり出しています。広々とした展示スペースには、分厚い一枚板や重量感のあるテーブル、樹木の個性を生かした飾り棚などがずらりと並んでいます。「『家を建てるなら裏山の木を使え』ということわざがあるように、湿度の高い日本で使う家具には国産木が最適です」と、国産材九銘ハウジング 株式会社所在地/〒831-0015    福岡県大川市大字本木室306-5代表者/佐藤 操TEL 0944-88-2088FAX 0944-86-3388[URL]http://www.kyumei-housing.co.jp/[E-mail]kyumei@kyumei-housing.co.jp創業/昭和38年設立/昭和59年10月資本金/ 1,000万円従業員/ 38名営業時間/ 8:00~17:00定休日/不定休に対するこだわりを熱く語る佐藤社長ですが、「でも本業にはなりません。趣味でやっています」と苦笑いも。最近、新しく始めたのが、子どもたちが楽しい夢を見られそうな『カーアイベッド』の輸入・販売です。スポーツカーや電車をモチーフにしたベッドや、お姫さま気分が味わえるベッドなど、全12種類を量販店に卸します。「親子で組み立てるところから楽しみが始まり、大人も使えるサイズなので長く愛用できます」と、佐藤社長はその魅力に期待を寄せています。家具の他にも、垂直軸型風力発電や太陽光発電システムの開発・販売を手掛けたり、世界でも希少なフルボ酸を含有する大川温泉を開業するなど、九銘ハウジングの業務内容は多彩です。710入道橋東三百本木南★★木室小学校東木室小新堀橋南木室コミセン北442365 大川温泉九銘ハウジング入道橋