ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

okawa_design_vol.1

【土井】時代の移り変わりと共に年々会員数が減っている現状や、工業会としての新しい取り組みをお聞かせください。【松田】最盛期は500 ~ 600社あった会員数が、残念ながら現在は118社にまで減ってしまいました。特に十数年前までの減少幅が著しく、ここ数年は下げ止まってきています。これからV字回復させていくことが私たちの課題です。【土井】今後、工業会がどのように前進していくのか大変興味深いですね。【松田】2016(平成28)年、福岡・筑豊・北九州でこの不景気を生き抜いた企業と業種を問わず「オール大川」を目指す。IFFTを足掛かりに大川家具を全国にPR。特別対談土井 彌一郎× 松田 洋一合併して、会員数が140社になる見通しです。将来的に大川は木工産地としてだけではなく、物流基地としても発展していくはず。工業会の会員は70社ほどですが、工業会主催の展示会では約200社も出展しています。物流企業も含めて「オール大川」を目指し、個性的な企業が出てくることを期待しています。【土井】確かに大川ほどバラエティに富んだ集積地はありませんね。旭川、飛騨・高山と違って大川は資源がないので、人と技術による木工そのものが、他地域と一線を画す資源なのかもしれません。【松田】それが一番の大川らしさですね。【土井】IFFT出展に対して、期待度の高まりはいかがでしょうか?【松田】大きな目標ができたことは、社内のいい刺激になっています。これまでのホームユースの家具から、どう脱皮できるかに挑んでいるようです。【土井】工業会・市・商工会議所・振興センターが一丸となる必要がありますね。今後の取り組みや目標はどうですか?【松田】大川で年に6回行わる展示会に全代表者/松田 洋一所在地/〒831-0016    福岡県大川市大字酒見221-3TEL 0944-87-2090 FAX 0944-88-2004[URL]http://www.okawa.or.jp/[E-mail]info@okawa.or.jp設立/昭和38 年(1963 年)組合員/ 118 名営業時間/ 8:00 ~ 17:00精力を注いでいます。BtoBが4回、BtoCの「木工まつり」が2回です。昔は共済事業や金融事業、福利厚生事業を手掛けてきたこともありましたが、今の工業会は展示会事業一本に絞って全国のバイヤーを大川に招くことに注力しています。東京で大川家具をPRするこの事業を多年度にわたって行っていきたいです。【土井】展示会事業で成功を収めるため、大川が総力を挙げなければなりませんね。これは大川の将来を左右する、ビジネスチャンスの最たるものといえるでしょう。ぜひとも成功を期待しています。協同組合 福岡・大川家具工業会 第17代理事長松田 洋一(株式会社 松田家具 代表)一般財団法人 大川インテリア振興センター理事長 土井 彌一郎協同組合 福岡・大川家具工業会※平成28年5月1日より、協同組合大川家具工業会は、 福岡県家具工業組合と合併し、 協同組合福岡・大川家具工業会と名称変更しました。