ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

okawa_design_vol.1

宮崎建具TOP VOICE建具づくりは、お客さまの思いを形にする仕事。これまでにも、マンションの寝室のカーテンを建具に替えたり、三角の窓に建具を取り付けるなど、さまざまなご要望にお応えしてきました。イメージの段階でもかまいません。お気軽にご相談ください。伝統的な建具から、カフェや電車の内装まで。持ち前のチャレンジ精神で、新たな試みも。1927(昭和2)年創業の宮崎建具。工房を守っているのは、2代目の宮崎楠男さんと息子の宏樹さんです。「建具のなかでも骨もんをメインにつくっています」と、宏樹さんが言う“骨もん”とは、障子や格子戸のように骨組みが見える建具のこと。それもデザイン性の高い建具が多いといいます。「たとえば書院障子だったら、丸く曲げた骨を入れてお月見をイメージさせるデザインにしたり…」。このように精密さが求められる建具は、CADによる製作図面の描き起こしに始まり、材料の目利きから製作、仕上げにいたるまで、高いレベルで取り組まなければなりま宮崎建具所在地/〒831-0041    福岡県大川市大字小保13番地代表者/宮崎 宏樹TEL0944-86-3550FAX0944-86-3550[URL]http://www.miyazakitategu.com/[E-mail]info@miyazakitategu.com創業/ 1927年(昭和2年)営業時間/ 9:00~18:00定休日/土日せん。つくるものは建具だけにとどまりません。九州国立博物館で行われた『大川匠の世界コレクション2013』では、総檜造りのベッドルー東町堤町新茶屋上巻東大川小●大川中央公園花宗大橋明治橋716716宮崎建具★ 208大川税務署中原ムが来場者の注目を集めました。また、弁当箱を引き出しに見立てた家具膳や、弁当箱のふたに組子をはめ込んだ組子膳は、大川の飲食店で愛用されています。ホテルのクローゼットや電車の内装など、製造から施工まで手がける仕事も珍しくなく、遠くは長野まで取り付けに行ったこともあります。「変わった建具や難しい建具に取り組むのが一番面白い。伝統を守りながら、新しいものにもチャレンジしていきたいですね」と意欲を見せる宮崎さん。カフェの内装や展示会ブースの装飾に、そのチャレンジ精神がキラリと光ります。九州国立博物館で行われた『大川匠の世界コレクション2013』