ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

okawa_design_vol.1

TOP VOICE自然が何百年もかけて育てた木は、ひとつひとつ表情が違います。私たちは突板で、天然木の手ざわりや色味、風合いをご提案します。お気軽にお問い合わせください。確かな技をベースに独自商品を次々に開発。突板の無限の可能性を広げる。創業以来、突板を使った化粧合板分野に特化した事業展開を行ってきた東洋突板工芸。1997年に先代から引き継いだのが大関一宏社長です。取扱う突板の種類は約80種。取引先は家具製造業者や建具屋、内装業者、ベッドメーカーなどで、家具をはじめ住宅のドア・内装などに使用。一部高級な突板は、高級ホテルの壁などにも使われ、同社の突板は世界的なコーヒーチェーン、スターバックスや高級ブランド、ルイ・ヴィトン、エルメスなどの店舗内装材として使用されています。東洋突板工芸 株式会社所在地/〒831-0005    福岡県大川市大字向島960-1代表者/大関 一宏TEL0944-87-1567FAX0944-87-1227[URL]http://www.toyotsukiita.jp/[E-mail]info@toyotsukiita.jp創業/昭和35年資本金/ 1,000万円営業時間/ 8:00~17:00定休日/日曜、祝祭日同社では突板仕上げの化粧合板製造を主力事業としつつ、独自商品を積極的に開発。試行錯誤の末に開発したのが縫製加工可能な「TOYO WOOD」です。TOYO WOODは天然木の風合いや香りはそのままに防水性にも優れ、名刺入れや鞄、携帯電話用ジャケットなど、多彩な商品が誕生しています。また、西陣織の手法で突板をシート状にした「木織TOYO WOOD」を開発し、ものづくり日本大賞・経済産業大臣賞を受賞するなど、旺盛なチャレンジ精神で突板の可能性を広げています。東洋突板工芸 株式会社筑後川大川小● 44247●大川市役所208 向島中野★●宮前小●大川公園●大川樟風高 ●大川中向島 厳島神社花宗大橋東洋突板工芸